エアコン掃除はめんどくさい?業者にやってもらうべきか解説!

エアコン掃除がめんどくさい掃除

今の時期欠かせないエアコンですが、エアコン掃除がめんどくさいと感じた事はないでしょうか?

また、エアコン掃除を自分でする場合ちゃんと掃除できているのか不安になりますし、きちんと掃除できてなかった場合の健康被害が気になりますよね。

しかし業者にやってもらうと確実に綺麗にはなりますが、なかなかのお金がかかります。

この記事ではエアコン掃除がめんどくさいと感じる方へ掃除方法や業者に依頼した方が良い場合を解説します。

エアコン掃除はめんどくさい?

エアコン掃除がめんどくさい

エアコン掃除がめんどくさいと感じる方はどのくらいいるのでしょうか?

実は約60%の方は「フィルターのみ簡単に掃除」約10%の方は「めんどくさくてなにもしていない」そうです。

ほとんどの方がエアコン掃除がめんどくさいと感じているようです。

たしかに、エアコンの内部は複雑ですし難しそうでなかなか手が出しづらいですよね。

では、掃除をしないとどうなってしまうのでしょうか?

掃除をしないとどうなる?

エアコン掃除をしないまま使用してしまうとどうなるのでしょうか?

エアコンを掃除しないまま使い続けると、

  • 電気代が上がる
  • 故障する
  • 健康被害がでる

このようなリスクがあります。

エアコンを汚れたまま運転させるとモーターに負担がかかってしまい電気代が上がってしまったり故障の原因となってしまいます。

エアコンは故障の原因の熱、ホコリ、湿気が揃いやすいので、故障することが多く、修理代がかさむ傾向があります。

電気代が高くなったり故障すると余計お金がかかってしまうので避けたいところですね。

では、リスクの中でも1番おそろしい健康被害はどんな影響があるのでしょうか。

健康面に影響も

では、健康面ではどのような影響があるのでしょうか。

エアコンを汚れたままの状態で稼働させると、冷房や除湿の機能によって、室内の湿気とアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を吸い込みエアコン内部で大量繁殖してしまいます。

それが再び風と共に室内にばら撒かれ、またエアコンに吸い込まれます。

このアレルゲンを日常的に吸い込むと、

  • 気管支喘息
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性結膜炎
  • 夏型過敏性肺炎
  • アレルギー性気管支肺アスペルギルス症

上記のような疾患を発症する恐れがあります。

部屋中がアレルゲンだらけになると考えるととても恐ろしいですね。

目には見えませんが、おそろしい健康被害をもたらすので掃除は怠らないようにしましょう。

簡単に掃除をする方法は?

エアコン掃除がめんどくさい

エアコン掃除って実は外部はある程度簡単にできるんです。

外部とはフィルター、ルーバー、カバーで自分で取り外して簡単に掃除する事が可能です。

しかし内部は取り外せないパーツになるので、知識のない方が無理に掃除してしまうと故障の原因に繋がります。

なので外部はご自身で定期的に掃除し、内部はエアコン掃除業者に頼むと安心です。

では外部清掃と内部清掃について解説します。

外部清掃

外部清掃とは、簡単に取り外せるパーツの清掃のことで、

  • フィルター
  • ルーバー
  • カバー

上記の3つとなります。

フィルターは室内の空気に含まれる埃などを取り除いてくれる部分で週1回程度こまめに掃除してあげましょう。

ルーバーはエアコンをつけた時に風向きを変える役割をしているパーツで、ルーバーは汚れが溜まりにくいので3ヶ月に1回程度の掃除で大丈夫です。

カバーはフィルターを覆っているところで、カバーもルーバーと同様に3ヶ月に1回程度の掃除で大丈夫です。

なのでルーバーとカバーはワンシーズンで掃除、フィルターのみこまめに自分で掃除しましょう!

内部清掃

外部清掃は取り外せる部分でしたが、内部清掃は取り外せない内部のパーツです。

そのパーツが、

  • ファン
  • フィン
  • ドレンパン

上記の3つです。

こちらの内部パーツについては、エアコンクリーナーを使用するか業者にエアコン掃除を依頼するかになります。

しかしエアコンクリーナーは正しい使用方法で使わないと、カビの発生や発火の危険性があります。

そのため、正しい知識を持ったエアコン掃除の業者にエアコン掃除を依頼することが推奨されています。

エアコンクリーナーって手軽に感じますが、カビや発火の恐れがあると本当に怖いので、業者に頼むのが安心ですね。

業者へ頼むべき状況は?

エアコン掃除がめんどくさい

ではエアコンがどのような状態の場合業者へ掃除を頼むべきなのでしょうか?

目安としましては以下になります。

  • 汚れがひどい
  • 臭い 
  • 水漏れ

上記のような状態になっている場合はすぐに業者へ依頼しましょう。

このような状態が続くとエアコンの寿命が短縮されてしまいます。

すぐにでも掃除しないとエアコンの寿命だけでなく健康被害の恐れがあるので迷わず業者へ頼むことをお勧めします!

業者に頼むとお金がかかりますが、健康を害して病院へ行ったりエアコンを買い直すことを考えれば安いものですよね。

エアコン掃除がめんどくさい時のまとめ

この記事ではエアコン掃除がめんどくさい時や、簡単な掃除の仕方を解説しましたがいかがだったでしょうか?

この記事をまとめますと、

  • ほとんどの方がめんどくさいと感じている
  • 掃除しないとエアコンの問題以外にも健康被害が起こってしまう
  • 外部清掃は自分で簡単にできる
  • 内部清掃は業者に任せるのがおすすめ

エアコン掃除はめんどくさいですが、簡単に自分で出来る外部清掃はこまめに行うようにしましょう。

汚れがひどい場合や、内部のパーツについては業者さんに任せるのが安心ですね。

めんどくさいからと言って、掃除をしないまま使い続けると健康被害が出てしまいます。

清潔に保って、快適なエアコン生活を過ごしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました